2022年4月改正道交法対応
シンプルで使いやすい
アルコールチェックアプリ
白ナンバーのアルコールチェック義務化は、
2022年4月からすでに始まっています。

アルコールチェック義務化の対応はお済みでしょうか?

対象となる事業者

白ナンバー車両も対象となりました。
乗車定員11人以上の自動車を
1台以上使用する企業
または
その他の自動車を
5台以上使用する企業
※自動二輪車(原動機付自転車を除く)は0.5台として計算

施行スケジュール:段階的に厳格な内容に

2022年4月1日施行
運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること
酒気帯びの有無について記録し、記録を一年間保存すること
今後
運転前後の運転者の酒気帯びの有無を、アルコール検知器を用いて確認を行うこと
アルコール検知器を常時有効に保持すること
※2022年10月1日の施行は延期されました(時期未定)

対応を怠った場合のリスク

義務化に未対応の場合

・安全運転管理者の解任と再選任の届出が必要になります。
・また安全運転管理者を選任しなかった場合、道路交通法違反となり5万円以下の罰金が科されます

社員が飲酒運転をした場合

・ドライバーだけでなく、代表者や管理者にも5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される可能性があります。

社員が飲酒事故を起こした場合

・交通事故により被害者が発生する可能性があります。
・企業の社会的信用が失堕する可能性があります。

義務化に伴って以下のようなお悩みはありませんか?

アルコールチェックの義務化を
受けて管理体制を整えたい

アルコール検知器は用意したが
紙での管理が大変

アルコールチェックの
報告・確認に時間がかかる

みんなのアルコールチェックとは

義務化対応に必要な機能のみだから、低価格で導入できるアルコールチェックツールです。
初月無料でお試しいただけます。

みんなの体調ノートをご利用中のユーザー様は、
みんなの体調ノートのユーザー情報を簡単にインポートできます。

インポートの方法はこちら

導入企業様の声

簡単に報告・確認を行えるようになりました。
毎日、アルコールチェックの記録を紙で回収しており、時間がかかっていました。みんなのアルコールチェックを導入したことで、スマホ・PCから簡単に報告・確認を行えるようになりました。
業種:製造業
従業員数:101名〜300名
遠隔地でも簡単に確認が行えるようになりました。
直行直帰時に管理者が毎回電話での確認を行っており、管理者の業務負担に悩んでいました。みんなのアルコールチェックでは、カメラでの報告ができるので、遠隔地でも簡単に確認が行えるようになりました。
業種:建設業
従業員数:51~100名
低価格で導入・運用することができています。
アルコールチェックの効率化を検討していましたが、ツール導入のコストが高く導入を見送っていました。みんなのアルコールチェックは、利用できるアルコール検知器のメーカーに縛りがないため、低価格で導入・運用することができています。
業種:介護事業所
従業員数:1~50名

みんなのアルコールチェックにできること

義務化対応に必要な機能を備えています。

写真・動画での報告

直行直帰時にはカメラで測定結果を撮影して報告ができます。

記録のダウンロード

測定結果の記録は1年間保存され、CSV出力ができます。

閲覧権限

管理者ごとに閲覧範囲の設定が可能で、管轄部署のデータだけを閲覧できます。

運転日誌記録

運転日誌の記録もできます。

測定結果報告

アルコールチェックの結果をスマホ・PCから簡単に報告ができます。

確認

リアルタイムに報告された結果を閲覧できます。

通知

報告があった際に、管理者にメールで通知を送ることができます。

アルコール検知器の機種に指定はございませんので、お手持ちの検知器をご利用ください。

ご利用方法

STEP 1

目視および市販の検知器を用いてアルコールチェックを行います。

STEP 2

測定結果をPCまたはスマホから報告します。直行直帰時は、カメラで撮影して報告を行えます。

STEP 3

測定結果を一覧で確認ができます。記録は1年間クラウドで保管されます。報告があった際に、メールへ通知することもできます。

みんなのアルコールチェックの3つの特徴

シンプル機能で低価格

低価格でアルコールチェックの義務化に対応したい方におすすめです。
義務化対応に必要な機能のみに特化することで低価格を実現しています。
検知器との連携はしていないので、市販の検知器をご利用いただけます。

写真・動画報告にも対応

測定結果をPCまたはスマホから報告します。直行直帰時は、カメラで撮影して報告することもできます。

法人向け体温管理アプリ
導入15,000社以上の実績

これまで法人向け体調管理アプリを提供してきた「株式会社ORSO」独自のノウハウで、ご利用企業様からより使いやすいと思っていただけるように、機能の追加や使いやすさの向上に努めています。また、クラウドサービス累計導入社数15,000社以上の実績で培った丁寧・迅速・質の高いサポートをご提供いたします。

料金

初期費用

0

1ユーザー/月

200(税込)

※初月無料でご利用いただけます。
※無料期間中に解約の申し出があれば、費用は一切発生しません。
※初期費用はかかりません。
※最低ご契約期間はありません。
料金プラン詳細を見る →

導入までの流れ

ご利用方法や契約方法などについて疑問点がありましたら、お気軽にご相談ください。

STEP 1

ご登録後

・初月無料で全機能を制限なしで利用可能
・無料でお試し後すぐにご利用いただけます

STEP 2

各種設定

・ご利用者登録など各種設定
・疑問点は専任担当者がサポートいたします

STEP 3

継続利用の判断

・無料期間中に解約すると料金は発生しません

STEP 4

有料契約

・電話やメールでも導入後もサポートいたします
・機能随時アップデート

オンライン相談をする

オンライン個別説明会

・オンライン会議でご不明点にお答えします
・所要時間30分程度
・実際の画面や操作方法を確認できます
ご予約はこちら→
よくある質問
Q
無料期間だけ試しに利用することも可能ですか?
A
可能です。無料期間中に解約の申し出があれば、費用は一切発生しません。
Q
サービスについて詳しく知りたいのですが、どうすれば良いですか?
A
こちらからお問い合わせください。
Q
対応しているアルコール検知器(アルコールチェッカー)を教えてください。
A
検知器のメーカーに縛りはなく、自由にお選びいただけます。複数メーカーのものを共用することもできます。
Q
検知器が無くても本サービスは利用できますか?
A
本サービスは、検知器をまだお持ちでなくても、ご利用を開始いただけます。
Q
アルコールチェックの義務化は延期になるのですか?
A
いいえ、アルコールチェックの義務化は4月からすでに始まっています。2022年4月から『測定記録を一年間保存』する必要があります。
Q
専用のアプリはありますか?
A
現在専用アプリはなく、WEBブラウザでご利用いただけるサービスとなっております。
Q
どの端末で利用できますか?
A
PC・スマホ・タブレットからご利用いただけます。
Q
スマホの対応OSを教えてください。
A
iOSとAndroidに対応しております。
Q
初期設定のマニュアルはありますか?
A
こちらからダウンロードいただけます。
書類提出は不要・即日利用開始!
NEWS